【モデルのギャラや料金を大きく左右する】「モデルランク」を構成する3つの要素

投稿者: 小林 力

【モデルのギャラや料金を大きく左右する】「モデルランク」を構成する3つの要素

(この記事は約4分位で読めます。)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

使用する媒体(「露出の広さ」)× 使用する期間(「露出の長さ」)×  “モデルのランク”

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

これは私達aModelcastingが、御見積をお出しする際にモデルのギャラや料金をはじき出す、“鉄の公式”です。

正確にはこれに、“「競合」の有り無し”や、当社努力のディスカウントなどの+や-の要素が入り、最終的な価格が決まってきます。ただ、この公式で一番分かりづらい所が“モデルのランク”ではないでしょうか。

この“モデルのランク”、一体何のことを指しているのでしょう?

何を基準に決まっているのでしょう?

今回は当社aModelcastingがご提示する「モデルのランク」の決まり方を、皆さんに理解して頂きやすいように以下にまとめます。しばしお付き合いください!

1.モデル手配時に目にする「モデルランク」とは?

1. モデル手配時に目にする「モデルランク」とは?

モデルのランクとは何が基準?と聞かれたら、私達はこう即答します。

ずばり、“表現者のプロとして持つモデルの影響力・訴求力”です。

モデルという仕事は、いかにその商品や企業を良く魅せるか、という販売促進を生業にしているので、何を差し置いてもこの一言につきます。

“そのモデルが持てば商品価値があがり、シーンを演じれば見た者の心が動き、魅力に取りつかれる”…それがモデルであり、その力の大小によってモデルのランクが決まるということです。

「では、とてつもなくカワイイ事やカッコイイ事ですか?」と聞かれれば、それとはまた別の基準になります。もちろん職業柄“見た目の良さ”のベクトルは1・2を争う程、シンクロしやすい要素である事には間違いありません。ですが、事実それが無くともモデルとして活躍している方も沢山います。では、見た目の良さや手足の長さ以外でモデルのランクに影響するものは何でしょう?

2.モデルランク構成要素①:モデルとしての基礎能力(skill)

モデルとしての基礎能力

aModelcastingを運営する私達promodel studioは日本中のモデルのコンポジットのデザイン/制作を手がけています。

これから提示するモデルランクの構成要素は、その経験とノウハウを元にお話させて頂きます。

モデルのランクを構成する要素の一つ目、まずは「モデル“個”の基礎能力」です。

冒頭に、モデルの良し悪しは見た目の良さや手足の長さだけではないとお話しましたが、一定のレベルは必ず必要です。それもかなり高いレベルで。「プロ野球選手が『ホームベースまでボールが届かない』、プロサッカーの選手が『プロのフィールドで45分走れない』そのレベルは駄目」 その道の“プロ”として基礎がなければそのステージにも立てない、当然のことですね。

あるモデル事務所では、年間2,000人もの応募(10代後半から20代前半の女性)があり、その中からモデルとしてデビューできるのは多くて10人というお話を聞きました。そのオーディションに来る多くの女性が学生時代「クラスでNo.1と呼べる子ばかり」とのお話も。見た目だけでもそのレベルのお話になります。この辺りを大前提として、その“モデルの基礎能力”とは何か、以下にまとめます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

《広告モデル》:見た目(キレイ・カワイイ)・好感度(愛されるキャラクターか)
        表現力・演技力・お洋服をキレイに切れるバランスか(5号サイズ)
        女性らしい体型か

《ファッションモデル》:手足の長さ(バランス)・身長(172~176㎝)
            ウォーキングスキル

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ここでは広告のモデルとファッションの世界で活躍するモデルを大きく二つに分けましたが、活躍する舞台によってもモデルとして必要とされる基礎能力はだいぶ異なることがわかります。

事例はこちら料金はこちら

3.モデルランク構成要素②:トレンド・流行りの顔かキャラクターか(trend)

トレンド・流行りの顔かキャラクターか

モデルは、ワインなどのお酒や服などのファッションと同様、流行り廃りがある商売です。

どんなにキレイな顔だとしても、トレンドを覆す事は中々難しいものです。持って生まれた先天的な“作り”に加え、事務所の打ち出すキャラクターやカラーと言った後天的な“創り”これを掛け合わせて、時流の中心にいればいるほど需要は多く、比例してモデルとして活躍できる舞台も多いことになります。

広告業界は、クライアントの数だけ求められるキャラクターがありますが、それでも時流やトレンドというものから大きく外れる事はありません。口コミやユーザー評価が購買プロセスの大きな要因となる今であれば、手足が長く雲の上の存在というキャラクターよりも、より等身大で現実的なお手本の方が共感を得やすいということも少なくありません。

外見で言えば以前は女性でも165㎝以上のモデルさんばかりでしたが、現在ではそうとも限りません。また中身においても、自然体や歯に衣を着せぬ物言い・キャラクターのモデルさんが重宝される事もあります。

このようにトレンドは大きくモデルランクに影響を与える要素となります。

4.モデルランク構成要素③:安全は保たれているか?(safety)

安全は保たれているか?(safety)

実は、私達が最も皆さんにお伝えしたい所が、この3つ目の構成要素です。これだけを聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、いくつかダメな例をあげると…

◇ とてもかわいい知り合いがいて、コスメのモデルとして起用したが、翌年成人し競合するコスメの会社に就職し、クリエイティブに使っている写真を削除して欲しいと言ってきた…

◇ WEBCMとして起用したモデルの男性モデルの過去のSNSに大きな問題があった…

◇ 昨年起用したモデルの広告が好評で今年度の起用も決定しかけていたが、連絡が取れなくなってしまった…

◇ 撮影をお願いしていたモデルが体調不良との事で当日ドタキャンをし、スタッフたちは呆然と立ち尽くしてしまった…

このような話…決して珍しくありません。一定のチェックや管理機能がなければ、当たり前のように起きてしまいますし、モデルを生業にしていなければ、特段問題にならなかったりもします。(連絡が取れない、など一定の限度を超えるものは別世界でもNGですが…)

別項でも例にあげましたが、”替えの効かない仕事である”というプロ意識の差は非常に大きいです。プロのモデルと「モデルみたいに可愛い子」では、この部分に大きな差があることを、案外見落としがちなのです。

そこで、私達がモデルを手配する上で、最低限のお約束として掲げているものの一つがクライアントの皆様の“安全”です。このハードルを当たり前に超えなければ、手配・マッチングというサービスとして成立しませんので、使用するモデルの所属事務所については一定の精査をした上で、ご提案させて頂いています。モデルという職業に必要不可欠な”安全”が、価格に含まれているという事もaModelcastingでは基本的なポリシー・品質としてお約束させて頂いています。

信用できるプロに手配を頼む!

《まとめ》

「モデルランク」を構成する3つの要素

モデルを手配する際、モデルのギャラや料金が大きく左右されるこの「モデルランク」。
大きな要素として構成されているのはこの3つ。

  1. モデルランク構成要素①:モデルとしての基礎能力(skill)
  2. モデルランク構成要素②:トレンド・流行りの顔かキャラクターか(trend)
  3. モデルランク構成要素③:安全は保たれているか?(safety)

実際に私達がモデルさんをご提案する場合はもっと多くの要素を掛け合わせてご提供させて頂いているため、以上のことが全ての要素ではありません。ただ、一般的に外せない要素としてあげさせてもらいました。

モデル手配の仕事は見えづらいこともあります。モデルの金額がわからない、手配の相場や方法がわからないなど、モデルを手配するのが初めてという方はもちろん、今までのモデル手配にあまり納得がいかない、という皆様からのお問い合わせもお待ちしています。不明な点がないよう、明瞭かつ丁寧なご説明をお約束します!是非aModelcastingにお声掛け下さい。