【コロナに負けない!】撮影日未定もOK。自粛の今、モデル手配を完了させる方法

投稿者: 小林 力

【コロナに負けない!】撮影日未定もOK。自粛の今、モデル手配を完了させる方法

(この記事は約4分位で読めます。)

みなさんこんにちは。

当社aModelcastingのチームもテレワークを主とした体制が始まり2週間が経過しました。(当コラムは4月20日に書いたものです)

最初の頃は不慣れだったTV会議ですが、気づくと先週の金曜日は30時間超のミィーティングを5本も行っていました。

「移動時間がないのでとても効率的?・・・、働き方改革が現実になったかなぁ」などと思いつつ、一方で「幅広なテーマのブレストや、面接等々、細かなニュアンスや心の“機微”を掴まなければならない会議には少し不向きなのかなぁ」等々…

TV会議はTPOに合わせた使い分けが重要か、そんな思いを馳せ巡らせる“今日この頃@テレワーク生活”です。

さて、緊急事態宣言後を視野に入れて、そろそろ様々な準備に入られている会社様もあるようですが、モデル達はこのコロナウィルスをどう感じ、モデル事務所はどのように対応しているのでしょうか?

実際のところ、お仕事を受け付けているのでしょうか?

ここ数日、モデル事務所のマネージャとZoomで話した内容を元に、今、モデルが出演しているお仕事の内容や条件をまとめてみました。それでは、しばしお付き合いください。

1.有名タレントやモデル達の動き→やはり不要不急の外出制限を徹底

現在、多くのタレント事務所は撮影案件の自粛、もしくは自宅からのリモート出演という形をとっているようです。

タレントである前に一(いち)国民としての責務を。そして多くの人目に触れる影響力というものを自認して、接触8割減を率先して実行している状況です。

そもそも“人と接触しない”という事が、職制的に厳しい制約となる彼らであります。加えて、著名であるが故、仮に “必要” “火急” の外出であったとしても、人目に付けばそれをなんと言われてしまうか、そんなプラスのジレンマもあり、現在は人一倍ナーバスな日々を過ごしているはずです。

また、企業広告を主戦場とするモデル達はどうか?と目を向けてみると、タレント同様外出自粛を継続しています。
重症化リスクの少ないと言われる若いモデルとて、他人に感染させてしまう事のリスクを理解し、また感染の恐怖を感じ、出演についてはとても慎重になっている、ここは一般の方々と同じ気持ちです。

2.モデル事務所はどのような対応をしているか?

以下の撮影受注ルールは、私達がキャスティングでお世話になる某モデル事務所のマネージャから共有頂いた内容の一部抜粋です。

ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー

【緊急事態宣言が出ている際の撮影受注ルール】

1.モデル本人の意思確認

2.交通手段(送迎やタクシー移動が必然の場合はご対応頂く)

3.有事の対策を事前に確認

  • 万が一、撮影現場で罹患者が出た場合の危機管理ポリシーを事前に確認。

4.現場での安全対策確認

  • モデルも含め全員、撮影当日の検温(37.5度以上は参加不可)
  • スタジオ内の適時換気
  • 手洗い、うがい、アルコール除菌徹底
  • 全スタッフのマスク着用徹底
  • 共有物の使用の禁止
  • メイク道具は除菌済みのものを使用
  • 特にリップブラシはできるだけ使い捨て
  • アイライナー、マスカラはモデル持参物の使用許可

ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー…ー

しっかりとリスクをとっている内容でした。
通常では中々無い条件ではありますが、マネージャー達も今はこれらを首尾一貫している模様です。

モデルに感染拡大を助長させる事は許されないので当然と言えば当然ですが、撮影現場側としてもハードルは高く、様々なことを鑑み、最終的に延期等の判断をされている事も聞き及んでいます。

お気軽にご相談ください

3.モデル手配できます。aModelCastingがお手伝いできる事

先に記した、マネージャーからの撮影条件は最低限のチェック項目であり、事務所としては、「やはり撮影現場のイメージが沸かない案件や、通常では受けられる案件でもお断りするケース等もある」との事で、現場環境についていつも以上に注意を巡らせているのは他の業界と同様でした。

aModelcastingでは、現在いただく多くのお問い合わせが、本番日5月6日以降であり、(5/6以前の本番日案件についてはお断りさせて頂いています。)
撮影日未定というケースも多くありますが、お問合せ頂いたお客様が極力ご希望通りの撮影が出来るよう、感染拡大防止の遵守、モデルとスタッフの皆様の安全を確保した形での、キャスティングのコーディネイトに努めています。

正直申しますと、私達も経験した事ない状況であり、手探りの状態ではありますが、お客様、そしてモデル事務所とも日々コミュニケーションをとりつつ、
来たる緊急事態宣言解除の日に向けて、準備のお手伝いは可能です。

上記の通り“5/6以降の撮影案件である”、“また撮影日が5月6日以降で未定”というケースの、キャスティングはお問い合わせを受け付けています。(※一部社員は自宅待機としておりますが、お問合せは受付中です)
初回のヒアリングからZOOMでのオンラインミーティングとなりますが、お問い合わせお待ちしております。

《まとめ》

<タレントやモデルたちの現状>

  • 多くの人目に触れる影響力というものを自認して、接触8割減を率先して実行している状況
  • 撮影も多くの場合が自粛されている

<aModelcastingでは現在もお仕事案件受付中!>

  • “5/6以降の撮影案件である”、“また撮影日が5月6日以降で未定”というケースの、キャスティングはお問い合わせを受け付けています。(※一部社員は自宅待機としておりますが、お問合せは受付中です)

⇒“リモートワークに特化した独自システム”の採用により、候補のモデルを迅速かつスマートに比較検討していただけます